• « 2018·04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2012’01.10・Tue

クレーム

 燃え尽き症候群なんて、甘えたことを行ってられない出来事が起こりました。
県の不動産協会からのクレームだって・・・・・・・。


初めての出来事です。
ドキドキ。

県の借り上げ住宅で、遡及措置で入居費用が戻らなかった契約者の娘さんからのクレームです。

遡及措置の決定をするのは、あくまでも県です。
不動産屋ではありません。


今、いわき市は本当に賃貸物件がありません。
まして、普通の一戸建てなんて殆ど空室がありません。
場所は中央台です。
知人に頼まれお年寄りりもいらっしゃるとのことで、気の進まない家主さんを説得して契約となりました。

契約内容は敷金1ヶ月 礼金1ヶ月
後からもめたくないので、何度も口を酸っぱくしてお話しました。



県の遡及措置の担当者に問い合わせすると、礼金・仲介手数料は返金しなくてもいいが県では
敷金に換わるものは支払ってるのだから、敷金は返金した方がいいと言われ敷金返金の
話はすでにしてあります。



県は、契約の2~3ヶ月後に家賃3ヶ月分と原状回復費用2ヶ月が振り込まれます。
勿論、不動産屋ではなく家主さんの口座に。

家主に振り込まれた2ヶ月分は自分のお金だと主張するのですが、他の請求書をみせながらこれはオーナーの分ですと説明し、契約者は分かったと言い納得したみたいだったんです。

ところが納得しなかったんですね。

クレームの内容を見ると、悪徳不動産屋にだまされお金をだまし取られ、返金をせまるとたかり屋扱いされた
私達、どうすればいいの?
そんな内容です。


あぁ、可哀そう。

原発の被災者の方は非常にお気の毒なので、家主も不動産屋もボランティアしろって事なんですかね。


この家主さんだって、半壊の物件に住んで不自由してんだけどね。
この賃貸物件に住んでいたんだけど、無理して半壊の自宅に戻ったのに。
この物件は、オーナーの親の家。
お年寄りがいると聞かされ、同情して半壊の自宅にあわててもどったんですけど。

エアコンは新品にして襖・畳は交換してとわがまま言い放題。
礼金1ヶ月いただきましたが、お貸しするまで40万ぐらいはかかっています。

世の中、いろいろです。
本来なら絶対誰も借りないような物件でも、住めるだけ幸せだと心から感謝される方。

そんな方の要望はすぐ家主さんに取り次いでしまいます。
部屋の不具合等のクレームは受け付けますが、県が支払いできないお金まで私達は面倒見切れません。

結論
礼金支払いたくなければ、契約しなければ良かったのに。

今、ふと思ったのですが今まで契約者に何度かこの件で説明していて、たかり屋なんて発想は心に近い無かったのですが、そんな風にしか取れない心の貧しい人が多くなったのでしょうか?

明日、ご本人達とオーナーそして、一緒に仲介した不動産屋と話し合うことになってますが悲しい限りです。

不動産業を20年以上していて、お初のクレームでした。

Categorie不動産関係  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。