• « 2018·04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2014’10.15・Wed

自分でやってみた

 秋も深まりつつあります。

亡父の土地が、過疎化真っ只中にあります。
その時は相続人3名でした。
その時も、今も、誰も欲しがりません。
未だに名義変更していません。

妹もいなくなり、いつまでもこのままにしておけないので
私が相続することになりました。

司法書士に依頼しようと思いましたが、妹の旦那さんが自分でやったらと
言うので、自分でやることにしました。

もちろん、法務局の相談コーナーでご指導いただきました。

とっとと手続きしていたら、相続人3名で簡単でした。
それが、6名に増えてしまいました。

手ごわいことに未成年が1名・・・・・・・・・。

書類を揃えて、最終チェック。

「これ、ダメ!」

「エッ、こうするようにこの前、言われたんですけど」

確かに説明を聞くと、一理ある。
でも、正規に手続したら、印鑑証明また取り直し。
いつまでも、軽車の新車一台位の評価の土地と遊んでいられない。

別の方法で、再度申請することにしました。

分割協議書じっと見て、これ汚くなったから作り直して

登記申請の手間は、書類集めと印鑑押印です。
そんな簡単に言わないでくれ。

でも、思い出のふるさとです。
国に寄付するのも、癪です。父と母の汗と涙の結晶だものね。

今月中には、判子を押しなおして手続き終了することでしょう。

面倒くさい案件は、やっぱりプロにお任せした方が楽かな。
いい勉強になった秋の一日です。

Categorie不動産関係  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。